読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*乱読事始め*

気の向くままに視覚に入った本・インスピレーションを感じた本の感想を書いてみます。

不動産関連本:土地の購入を検討されている方は必読/こわーい土地の話 三住友郎

題名からして 「この本面白そう」心を誘います。

ペンネームも「三住友郎」で著者のブラックジョークのセンスが

は感じられます。

肝心な内容ですが、

2004年に単行本、文庫化が2009年と やや古い情報?と思われがちですが、大いに役に立ちますし、おすすめ。

 

イントロから笑えます。

はじめに

不動産業者の手のひらの上でお客は踊る。

売り手の買い手の情報格差をなくすために

中略

どの世界でも「エェかげんな仕事している奴は、駆逐されるべき」なのです。本書はそんな違和感に対する私自身のひとつの回答です。同時に、消費者の夢をかなえるような素振りをしながら、実は自分たちのことしか考えなかったわが業界の、ある意味「内部告発」でもあります。

 

心意気と志は敬服します。

 不動産は値段があってないようなものです。このご時勢にあってなお、営業マンの気分ひとつで平気でウン百万円も損したり、得をしたり....しかも、お客さん本人は気づきません。こんなこと他の業種では考えられません。 納得できます?

 当然、出来ませんわね。

こんな口語調の文体で、わかりやすく 三友さんの扱った土地売買のビジネスケースを次々紹介してあります。

解説を読む中で 土地探しのイロハ、瑕疵物件をつかまされない為の注意事項や条文の説明などなど。知識を平行して得ることができますので、

土地の購入から一戸建てを検討している方向けお役立ち情報満載。

しかしながら、

この本を読んでみると、人生のうちで1回かもしれない大きな買物なんだから、妥協は禁物!と言われているような気持になっちゃいます。

 

www.amazon.co.jp