読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*乱読事始め*

気の向くままに視覚に入った本・インスピレーションを感じた本の感想を書いてみます。

士魂商才の経営者 出光佐三語録ー⭐︎

『海賊と呼ばれた男』の興奮が覚めやらず、
出光佐三氏の生の声を知りたくなって、手にした本書。
よくよく解説を見ると単行本の出版から30年の時を経て、文庫として復刻された様です。
これも 『海賊と呼ばれた男』の影響でしょうか?
内容は出光佐三氏の偉業をダイジェストで理解できる良書。
出光佐三氏の遺した
言葉の持つ重みと臨場感を 名言、至言から窺い知ることが出来ます。
又、作者の木本正次氏がいつ頃 出光佐三氏を知ることになったのか?は
もはや知る事は出来ませんが、木本正次氏の惚れ込み様は明らかで、
 小説 出光佐三 という評伝に繋がります。

解説はここでも百田尚樹氏が登場。
百田氏も出光佐三氏の生き方に魅了された人の一人の様です。

士魂商才の経営者 出光佐三語録

士魂商才の経営者 出光佐三語録